BROS VOICE「OG-7」(2019)

VOICE

骨太な男に捧げる、骨太な一着を目指し、完成させた「OG-7」。シャツJKTをベースにしているため、他ブランドの一般的なジャケットよりもタイトなサイズ感に設定。野暮ったくならない、研ぎ澄まされたシルエットを実現している

とは言え、メタボ体型やお腹が気になり始めたオヤジ世代でも、快適に着こなして頂けるパターンを採用しているので、安心して袖を通して頂きたい。

すでに「Original Garment Brothers」の各ジャケットを所有しているブラザーであれば、同じサイズ感で選んで頂いて問題ない。

初めて「Original Garment Brothers」のジャケットを手にするブラザーは、ここで紹介しているブラザーの「生の声」を参考にしてほしい。

オガワも昨冬は「OG-7」をかなり着込んだが、着るほどにダック生地やブランケット生地は柔らかくなり、適度に伸び、カラダに馴染んでくれた。新品時は肩周りやバスト、アームホールに窮屈さを感じたが、今ではまったくストレスフリーで愛用している。

裏地にブランケット生地を使っているので、実際の「肩幅」と「身幅」の実寸は少しだけ数値が小さくなる。ただし、前述の通り、着込むうちに適度に伸びてくるので、それほど気にしなくても大丈夫だろう。

「OG-7」は、裁断前の生地の状態でワンウォッシュ(生地洗い)をしているので、サイズチャートの寸法から大幅に縮むこともない。

ここで紹介している「Bros Voice」は、すでに「OG-7」を愛用しているブラザーが寄せてくれた「生の声」だ。個人の感覚や好みがそのまま反映されている。

その点をご理解頂き、サイズ選びの参考にして頂ければ幸いだ。

※「他ブランドのサイズ」とは、他のアメカジブランドやファストファッションのアイテムを着る際に選ぶサイズ。「O.G.BROS.WEB」での掲載のため、イニシャル表記にしている。いずれも有名なアメカジブランドなので、推測して参考にして欲しい。イニシャル表記に関する問い合わせはご遠慮頂きたい。

ご協力頂いたブラザーたちには感謝しかない。本当にありがとうございました。

<注意事項>
上記の「Bros Voice」は個人の感想であり、参考として掲載しています。サイズはご自身の判断でお選びください。「Bros Voice」に起因する、サイズ違い、お問い合わせ、ご意見、クレームなどは一切受け付けておりません。