「OG-15」オーダー開始。

Leather JKT 2021

限られた男たちの装束。

万人受けはしない。均一で安定した表情のレザーJKTを求めている人にとって、「OG-15」に袖を通すことはストレスを伴うだろう。それほど強い個性を放つ一着だと断言できる。

だが、この手の個性、いや刺激を求めていたブラザーにとって、こいつほど頼もしい相棒は存在しない。それもまた、断言できる。

ワイツーレザーのファクトリーで出会った、挑戦的なムラを見せる馬革JKT。「OG-15では少しムラを抑えて……」と既出のレポートで書いたが、それでも一般的なマシン染色と比べると、圧倒的にムラが強く、ヤンチャだ。室内や暗所では落ち着いた赤茶色だが、日光に晒された瞬間、刺激的な赤茶色に豹変する。

部位による色の濃淡、パーツによる色の違いは当たり前。着込むほどに下地のキャメル色が顔を覗かせ、その個性はさらに増す。

色ムラやパーツによる色の違いなど、一切のクレームにはお応えできない。一般的にはリスクとされる、この馬革の特性すべてを受け入れられる骨太なブラザーにのみ、「OG-15」を手にしてもらえればいい。そう考えている。

一方で、見た目の派手さとは対照的な、軽くしなやかな着心地に驚くだろう。

キメの細かい上質な馬革を、厚さ1.3ミリ均一に割り、さらにタイコで揉み込む「ふた手間」を加えた結果のしなやかさ。袖と裾がリブ仕様であることも大きく影響しているが、その着心地の良さは「OG-2」「OG-5」「OG-12」を凌ぐ。この着心地は病み付きになる。

あまりにしなやかな着心地ゆえ、革厚を間違えたかと思い、測り直したくらいだ。もちろん、他モデル同様、1.3ミリにビシッと揃っていた。

ここ最近、深夜にコンビニに行く時はスウェットパンツにこいつを羽織っている。そんな着方ができるのも「OG-15」ならではである。

暑苦しい文章はこの辺にして、ディテールを紹介していこう。

Detail of OG-15

「OG-15」はフライトJKT「A-2」をモチーフに、独自の解釈で仕立てた「オヤジJKT」だ。個人的に好きな「A-2」のディテールはそのまま踏襲している。例えば、1枚革の背中。

現代においては非常に贅沢なディテールでもある、1枚革の背中。当時の軍人たちのように、バックペイントでカスタムしたい気持ちもあるが、数年はこのままの状態で馬革の表情を楽しもうと思っている。

レザーJKTに限らず、自分が企画するプロダクトはシンプルを貫くと決めている。構成するパーツ点数は少ない方がいい。当然、袖は2枚のパーツだけで構成。「Original Garment Brothers」が展開するレザーJKT全モデルの共通仕様だ。

前回のレポートで詳しく説明した通り、襟の仕様は「台襟付き」から「台襟無し」に変更した。顎に干渉するストレスも無くなり、すっきりとした襟元になった。

「A-2」の基本ディテールである「襟の固定ボタン」「肩のエポレット」も省略している。

襟とポケットにシワやシボが多い部分を積極的に使うことも、すでに説明した通りだ。ただし、天然素材である馬革はそれぞれ状態が異なるため、個体によるシワやシボの有無、多少はどうしても発生してしまう。そのこともご理解頂きたい。

「Original Garment Brothers」の各プロダクトに縫い付けている、黒地にゴールド文字のラベルは、紛れもなく「A-2」のそれをモチーフにしている。「OG-15」はこのラベルがもっとも似合うプロダクトだと思っている。

左身頃の内側には「Y’2 LEATHER」のラベル。日本屈指のファクトリーで生産される、最高品質の一着であることの証だ。

ジッパーはユニバーサル。機能性や耐久性は「OG-2」で実証済み。くすんだゴールドへのエイジングも渋い。

手染めのため、常に擦れる場所は赤茶層が剥がれやすい。その分、表情の変化を顕著に楽しむことができるが、開閉時にジッパーが擦れるフロントのエッジはすぐに上写真のようになる。そのこともご理解の上、オーダー頂きたい。オガワ的には、この擦れた風合いが大好物だ。

脇下には換気用アイレットを装着。前後身頃を縫い合わせるステッチは、脇下を通り、袖側5センチほどで縫い止まる。両ディテールとも「A-2」に倣っている。

ポケットフラップの曲線をもう少しセクシーなラインにしたくて、急遽パターンから作り直した。さらに、エッジからの距離(縫い代)も見直した。ブラザーにお届けする「OG-15」には、写真上の新しいポケットフラップが装着される。

<参考データ>
身長:165センチ
体重:79キロ
胸囲:108センチ
ウエスト:32〜33インチ
「OG-15」のサイズ:38
※2021年9月30日現在
※昨年から2キロだけ痩せました。
※今年も参考にならない体型で、ごめんなさい。

<Ogawa Voice>
基本的に「OG-2」「OG-5」「OG-12」とサイズ感を揃えているが、「OG-15」の馬革が抜群に柔らかく着やすいため、新品時でも他3モデルほどの圧迫感は感じない。

他3モデルは1か月以上着込んでから撮影に臨んでいるが、この「OG-15」は3日ほどしか着ていないため、体に馴染んでいない。そのためボディや袖がバタついている。さらにリブによって裾が絞られる分、お腹周りが膨らんでいる。馴染んでくれば体のラインに馬革が追従し、袖も1〜2センチは上がるだろう。

写真だと少しゆったりと見えるかもしれないが、タイト具合は他3モデルと同等。膨張色である赤色であることも影響していると思われる。

<一般的なA-2と着丈を比較>
一度でも袖を通したことがある人はおわかりだと思うが、「A-2」の着丈は非常に短い。その潔さがカッコ良くもあるのだが、50歳を数年後に控えたオガワにとっては少々抵抗がある。そこで「OG-15」は、一般的な「A-2」よりも着丈を5〜6センチ伸ばしている。

上写真は、オガワが所有する国内レプリカブランドの「A-2」(ラフウェア)。サイズは同じく38。フロントを開けて着る場合はそれほど気にならないが、閉めると着丈の短さが際立つ。細かいディテールの作り込みは「さすが」のひと言。着る機会は減ったが、これも宝物。

<サイズチャート>
■肩幅:左右の肩(頂点)の直線距離
■着丈:背中の中央。襟の取付位置から裾リブ下端までの直線距離
■バスト:胸回りをぐるりと1周した寸法
■袖丈:肩の頂点から袖リブ先端までの曲線距離
※サイズチャートの寸法には誤差が生じる場合があります。

数値上は、袖丈が「OG-2」に比べて1.5センチほど長いが、リブが少し入り込むのでほぼ同じ袖丈と考えていいだろう。

「O.G.BROS.WEB」のコンテンツ「VOICE」には、すでにレザーJKTを愛用しているブラザーたちが寄せてくれた、着用感に関する「生の声」を掲載している。個人による好みや感覚の違いもあるので、参考としてご覧頂ければ幸いだ。

<価格>
12万5000円(税抜)

絶対の自信がある。職人の手染めによるフルベジタブルタンニン鞣しの上質な馬革を使い、こだわりの手裁断、割りやタイコで揉み込む「ひと手間」を加え、国内屈指のレザーファクトリーによるワイツーレザーによる仕立て。必ず納得して頂ける価格設定だと信じている。

サイズ36〜44までの全サイズ、同プライスに設定。

※オーダー時に商品代金の全額(別途送料含む)、もしくは一部前金として3万円(税抜)のお支払いをお願いします。

<納期>
2022年2〜3月(順次デリバリー)

CAUTION.01
オーダーを受け、生産数が確定してから馬革を仕込むため、2022年2月からの順次デリバリーを予定しています。馬革という天然素材であることに加え、コロナ禍であることからも、納期が大幅に遅れる可能性もあります。そのことをご理解の上、オーダー頂きますようお願いいたします。納期の遅れが発生した場合にお待ち頂けない方は、オーダーをお控えください。オーダーを頂いた時点で、上記をご了承頂いたものとさせて頂きます。

CAUTION.02
例年、1か月〜1か月半ほどのオーダー期間を確保していますが、想定数以上のオーダーが集まった場合には、告知することなくオーダー受付を終了させて頂くことがあります。

CAUTION.03
機能性や耐久性、着心地の向上のために、仕立て方法や縫製仕様が変更になる場合があります。ただし、ジャケットのデザインやサイズ寸法の変更はありません。

「The Magazine 002」をお届け。

20年以上、雑誌編集者として生きてきたオガワにとって、本作りはライフワークであり、モチベーションでもある。広告や面倒なしがらみに縛られない、本当に自分自身が好きなモノコトだけを詰め込んだ自費出版媒体として、2020年2月に「Original Garment Brothers The Magazine」を立ち上げた。

すでに発刊したプレ創刊号「000」そして「001」は完売したが、次号となる「002」を、今季レザーJKTをオーダーしてくれたブラザー全員に無料でお届けさせて頂く。

「Original Garment Brothers」のプロダクト詳細はもちろん、オガワが惚れ込んだアメカジアイテムや腕時計、ブーツ、アメ車、珍奇植物、アート……。とにかく好きなモノコトは何でも掲載する。

2022年1月の発刊を目指して、すでに取材を進めている。オガワ自身が撮影、原稿、デザインまですべてを担当しているため手作り感満載の暑苦しい一冊だが、少しでも楽しんで頂けたら幸いである。

不特定多数より特定少数のブラザー。

強烈な個性を放つ手染めの馬革で仕立てた、完全オリジナルのオヤジJKT「OG-15」。赤茶色に底光りするこの相棒の5年後10年後の姿を、共に見届けてくれる骨太なブラザーとの出会いを楽しみにしている。よろしくお願いします。

ご購入は「O.G.BROS.SHOP」にて
O.G.BROS.SHOP

※「OG-15」(全額支払い)、「OG-15」(一部入金用)をお選びください。

<ご確認・ご注意>
※後日、「予約確認書」を郵送にて送付いたします。
※オーダー時に商品代金の全額(別途送料含む)、もしくは一部前金として3万円(税抜)のお支払いをお願いします。
※一部前金として3万円(税抜)をお支払い頂いた場合は、ジャケット完成時に残金9万5000円(税抜)+送料1000円(税抜)をお支払い頂きます。
※完全受注生産のため、いかなる理由でも予約のキャンセル、サイズ交換、返品、返金はできませんのでご注意ください。
※手染めのため、色ムラやパーツによる色の違いは必ず生じます。それらに関するご要望やお問い合わせ、クレームは一切お受けできません。
※シワやシボの量や場所には、ジャケットによる個体差があります。それらに関するご要望やお問い合わせ、クレームは一切お受けできません。
※移染する場合がありますので、他の衣類や物に接する場合はご注意ください。
※天然の「傷」「血筋」「トラ目」などは味わいのひとつと考えております。ご理解の上、ご購入ください。
※サイズチャートの寸法には誤差が生じる場合があります。
※炎天下の車内や火の近くなど、高温になる場所での保管や着用により、ジッパーやボタンが熱くなることがあります。くれぐれも火傷にご注意ください。
※肌や体に異変を感じた場合はすぐに着用を中止し、医師にご相談ください。
※火傷やその他の怪我など、いかなる場合でも責任を負い兼ねます。
※当製品における他製品への、色移り、汚損、破損、欠損、損害など、いかなる場合でも責任を負い兼ねますので、取り扱いには十分ご注意ください。
※写真は実際の商品の色味と異なる場合があります。
※オーダーを頂いた時点で、上記ならびに納期、「O.G.BROS.WEB」内の記載事項についてご了承頂いたものとさせて頂きます。