「OG-2」オーダー開始。

Leather JKT 2021

10年後も「原点」と呼べる一着。

理想のレザーJKTが作りたかった。そもそも、「Original Garment Brothers」という名称は、この一着のために考えたものだ。現在のように複数のプロダクトを発表することになるとは、2018年「Original Garment Brothers」を立ち上げた当初は思いもしなかった。

「Daytona BROS」の編集長時代、取材や撮影で国内外のブランドが手掛けた膨大なレザーJKTに接してきた。革ジャン好きにはたまらない、エキサイティングな時間の連続だった。

だが、次第に変化が生じた。「これがいい」「これが欲しい」ではなく「こうあればいい」「こうしたい」。そしていつしか「理想のレザーJKTを作りたい」という欲求を抱くようになった。

「10年続く雑誌」という目標を掲げ、2007年に立ち上げた「Daytona BROS」。11年という長きに渡り編集長を務めさせて頂き、目標を達成した2018年2月、休刊と同時に長年勤務した出版社を退社した。退社後の予定は何も立っていない。会社組織に転職する気もない。

「さて、何をやろうか」と考えた時、「この機会に理想のレザーJKTを作ってみよう」と思い立ち、編集長時代からお世話になっていたワイツーレザーの梁本氏を訪ねた。あの日が、すべての始まりだった。

2018年「OG-1」を発表。翌2019年、若干の変更を加えた後継モデル「OG-2」を発表し、現在に至っている。

この一着は、この先も継続してリリースしていくつもりだ。かつて「10年続く雑誌」という目標に向かって突っ走った編集長時代のように「10年続くオリジン」を目指す。

初代「OG-1」の発表から10年後となる2028年まで、あと7年。

その年、その瞬間、考えうる最高の「OG-2」をブラザーに届け続けると心に決めている。

Detail of OG-2

昨シーズンと同じレシピで仕込む、フルベジタブルタンニン鞣しの「素上げ」の馬革。茶下地で仕上げ、1.3ミリ均一に割り、タイコで揉み込む。「シワが浮きたくてウズウズしている瞬間の馬革」を再現。

フライトJKT「A-2」をモチーフに製作したオリジナルラベル。職人たちやブランドが培ってきた「技」に、オガワの「ワガママ」という名のスパイスを加えて、ひとつのプロダクトを作り上げる。だから「CUSTOM BY」なのだ。

左身頃の内側に縫い付けられる「Y’2 LEATHER」のラベル。この一着が、国内最高峰のファクトリーで作られている証だ。

ジッパーはユニバーサル。「OG-1」から使い続けているジッパーだが、向きを「右挿し」から「左挿し」に変更している。

「OG-1」から「OG-2」の一番大きな変更点は、アールを描いていたバックヨークを直線にしたこと。唯一の装飾的デザインすら排し、シンプルを追求した。

<個体差に関して>
「Original Garment Brothers」のレザーJKTは、前身頃や袖、襟などにシワやシボの多い部位を積極的に使うことで、荒々しいエイジングを楽しめるようにしている。ただし、強度や耐久性を損ねるような部位は使わない。

「OG-2」「OG-5」「OG-12」で使う馬革は、鞣し工程において原皮をギュッと縮ませ、繊維が詰まった状態に仕上げている。また、元々の原皮の品質ランクが高いため、意外とシワやシボは少ない。

そのため、シワやシボの有無や量には必ず個体差が生じる。シワやシボが多い個体もあれば、ほとんど無い個体もある。「シワが少ない」「シワが多過ぎる」という個体差に対する、クレーム、返品、返金、交換は一切受け付けられない。ご了承のうえ、オーダーして頂きたい。

すべての馬革はタイコで回して揉み込んでいる。シワやシボが少ない個体でも、小刻みに波打ち、シワが浮きたくてウズウズしている表情を楽しんでもらえるはずだ。

<参考データ>
身長:165センチ
体重:81キロ
胸囲:107センチ
ウエスト:32〜33インチ
「OG-2」のサイズ:38
※2020年9月18日当時

<Ogawa Voice>
肩の後ろがボコッと膨らむ見た目が嫌いで、オガワが企画するすべてのジャケットにはアクションプリーツが無い。そのため、新品着用時は適正サイズでも肩周りが窮屈に感じることがある。だが、馬革もデニム生地もダック生地も、着ているうちに適度に伸びて馴染んでくる。一方、お腹が出てきたメタボ世代でも楽しめるように、身幅は少しだけゆとりを持たせている。上で着用している「OG-2」も、新品時は腕が組めないほど肩周りがパツパツだったが、今では程良いタイトに馴染んでいる。気長に相棒を可愛がって頂きたい。

新品着用時、「儀式」と称して無理に腕を組んだり、過度な体制でジャケットを伸ばそうとしている人を見掛けるが、革にダメージを与えるので絶対にしない方がいい。

<サイズチャート>
■肩幅:左右の肩(頂点)の直線距離
■着丈:背中の中央。襟の取付位置から裾の下端までの直線距離
■バスト:胸回りをぐるりと1周した寸法
■袖丈:肩の頂点から袖の先端までの曲線距離
※サイズチャートの寸法には誤差が生じる場合があります。

「O.G.BROS.WEB」のコンテンツ「VOICE」には、レザーJKTの他モデルを愛用しているブラザーたちから寄せられた、着用感に関する「生の声」を掲載している。個人による好みや感覚の違いもあるので、参考としてご覧頂ければ幸いだ。

※上写真は「OG-1」。「OG-2」との違いは「ジッパーの向き」と「バックヨークのデザイン」のみ。

<価格>
12万5000円(税抜)

モノ作りを生業としている以上、売上や利益は当然重要である。だが、もはやビジネス的思考を超越し、毎年、その瞬間、考えうる最高の「OG-2」を作り続けることが、己に課せられた使命だと思っている。「仕込み」「裁断」「割り」「空打ち」。手間や時間、コストを度外視して、ブラザーに届ける最高の一着「OG-2」。きっと満足して頂けると信じている。

サイズ36〜44までの全サイズ、同プライスに設定。

※オーダー時に商品代金の全額(別途送料含む)、もしくは一部前金として3万円(税抜)のお支払いをお願いします。

<納期>
2022年2〜3月(順次デリバリー)

CAUTION.01
オーダーを受け、生産数が確定してから馬革を仕込むため、2022年2月からの順次デリバリーを予定しています。また、馬革という天然素材であることに加え、コロナ禍であることからも、納期が大幅に遅れる可能性もあります。そのことをご理解の上、オーダー頂きますようお願いいたします。納期の遅れが発生した場合にお待ち頂けない方は、オーダーをお控えください。オーダーを頂いた時点で、上記をご了承頂いたものとさせて頂きます。

CAUTION.02
例年、1か月〜1か月半ほどのオーダー期間を確保していますが、想定数以上のオーダーが集まった場合には、告知することなくオーダー受付を終了させて頂くことがあります。

「The Magazine 002」をお届け。

20年以上、雑誌編集者として生きてきたオガワにとって、本作りはライフワークであり、モチベーションでもある。広告や面倒なしがらみに縛られない、本当に自分自身が好きなモノコトだけを詰め込んだ自費出版媒体として、2020年2月に「Original Garment Brothers The Magazine」を立ち上げた。

すでに発刊したプレ創刊号「000」そして「001」は完売したが、次号となる「002」を、今季レザーJKTをオーダーしてくれたブラザー全員に無料でお届けさせて頂く。

「Original Garment Brothers」のプロダクト詳細はもちろん、オガワが惚れ込んだアメカジアイテムや腕時計、ブーツ、アメ車、珍奇植物、アート……。とにかく好きなモノコトは何でも掲載する。

2022年1月の発刊を目指して、すでに取材を進めている。オガワ自身が撮影、原稿、デザインまですべてを担当しているため手作り感満載の暑苦しい一冊だが、少しでも楽しんで頂けたら幸いである。

馬革に魅せられたすべてのブラザーへ。

「Original Garment Brothers」のオリジン。いや、オガワのモノ作りにおける原点でもある。この一着が存在しなかったら……、考えると恐怖すら感じる時がある。一切の装飾を排した一着。日本刀のように研ぎ澄まされた一着。すべては、日々変化する馬革の表情を愉しむために。よろしくお願いします。

ご購入は「O.G.BROS.SHOP」にて
O.G.BROS.SHOP

※「OG-2」(全額支払い)、「OG-2」(一部入金用)をお選びください。

<ご確認・ご注意>
※後日、「予約確認書」を郵送にて送付いたします。
※オーダー時に商品代金の全額(別途送料含む)、もしくは一部前金として3万円(税抜)のお支払いをお願いします。
※一部前金として3万円(税抜)をお支払い頂いた場合は、ジャケット完成時に残金9万5000円(税抜)+送料1000円(税抜)をお支払い頂きます。
※完全受注生産のため、いかなる理由でも予約のキャンセル、サイズ交換、返品、返金はできませんのでご注意ください。
※シワやシボの量や場所には、ジャケットによる個体差があります。それらに関するご要望やお問い合わせ、クレームは一切お受けできません。
※移染する場合がありますので、他の衣類や物に接する場合はご注意ください。
※天然の「傷」「血筋」「トラ目」などは味わいのひとつと考えております。ご理解の上、ご購入ください。
※サイズチャートの寸法には誤差が生じる場合があります。
※炎天下の車内や火の近くなど、高温になる場所での保管や着用により、ジッパーやボタンが熱くなることがあります。くれぐれも火傷にご注意ください。
※肌や体に異変を感じた場合はすぐに着用を中止し、医師にご相談ください。
※火傷やその他の怪我など、いかなる場合でも責任を負い兼ねます。
※当製品における他製品への、色移り、汚損、破損、欠損、損害など、いかなる場合でも責任を負い兼ねますので、取り扱いには十分ご注意ください。
※写真は実際の商品の色味と異なる場合があります。
※オーダーを頂いた時点で、上記ならびに納期、「O.G.BROS.WEB」内の記載事項についてご了承頂いたものとさせて頂きます。