「The Magazine 003」発売。

「The Magazine」(End)

こいつも立派なプロダクト。

2018年に「Original Garment Brothers」を立ち上げてから現在に至るまで、数々のプロダクトを企画、発表してきた。そのどれもがオガワにとって大切な存在であり、ひとつたりとも欠けてはならない。

それは「The Magazine」も同じことだ。雑誌編集者として生きてきた20年余り。その経験がなければ、今日の「Original Garment Brothers」は存在しない、そう断言できる。

生意気なことを言うようだが、雑誌の面白さ、奥深さ、そして難しさを知っている。そして、雑誌作りには中毒性があることを己の体が覚えている。

編集者時代、時間に追われ、締め切りに追われ、何日も編集部で徹夜をした苦しい日々。にも関わらず、長きに渡り雑誌を作り続けてきたのは、本が刷り上がり、カタチになった瞬間の高揚感、それに尽きる。

2018年に出版社を退社し、「Original Garment Brothers」を立ち上げた。そして、2020年「The Magazine」創刊。

出版社に勤務していた時に手掛けた雑誌とは、あまりにも性質が異なる媒体。費やせる予算や人員、発行部数……、規模は足元にも及ばないほど小さい。だが、A5サイズの小さな媒体に込めた情熱は、かつて手掛けていた全国誌に注いだそれと何ら変わりはない。むしろワクワクは数倍にも膨らんでいる。

何の制約も受けない一冊。

出版社時代に手掛けてきた、いわゆる書店流通の雑誌には一定のスタイルがある。もちろん媒体にもよるが、基本的には「目次」があり「巻頭特集」があり「コラム」がある。お金を頂いて記事を作る「タイアップ」もある。定期刊行物であれば「連載」もある。

それだけじゃない。言い方は悪いが「箸休め記事」「ページを埋めるための記事」も存在する。文章においても、表記の統一、最低限の正しい文法を守ることが求められる。

当時のオガワは年間10冊以上の雑誌を手掛けていたので、このようにフォーマットが確立された誌面は制作効率がいい。

一方で、雑誌を作れば作るほど「何の制約も受けない雑誌を作りたい」という欲求が生まれる。雑誌編集者であれば誰もが共感してくれるはずだ。

予算や売上、広告に左右されない、自分の好きなモノコトだけを取り上げた一冊。ページ数の大小に関わらず、すべてが特集記事のような一冊。そして、表記の統一や正しい文法よりも、魂の言葉を並べた一冊。

それが「The Magazine」を立ち上げた理由である。

My Lifework.

今回販売を開始する「The Magazine 003」には、2023年モデルのレザーJKTをはじめ、各プロダクトの詳細、これからオーダー受付を開始する「OG-9/Ver.Nama-Nari」や茶馬で仕立てる「OG-6」の企画エピソードを紹介している。

それ以外にも、ブラザーから問い合わせが多い「メンテナンス」の方法、オガワの大好物である珍奇植物や腕時計の記事も掲載している。

だが、まだまだページが足りない。

レザーJKTやデニムJKT、ウォレット、バッグ……。モノ作りに終わりが無いように、マガジンの制作にもゴールは無い。

ブラザーと共有したいモノコトは尽きないどころか、日々脳内に湧き出てくる。現状128ページという限られた誌面では、到底すべてを紹介することはできない。

ゆくゆくは年二回の定期的な刊行を目指しているが、なにぶん、プロダクトの企画から打ち合わせ、受注作業、検品、梱包、発送までを一人で行う個人事業主。その目標は未だ達成できていない。

だが、どんなに忙しくても、どんな苦境に立たされても、「Original Garment Brothers」が続く限り「The Magazine」の制作を止めることはない。

オガワにとって規模や知名度はどうでもいい。極論、誰ひとり購入してくれなくても構わない。自分にとって重要なのは「生涯編集者」、ライフワークとして「The Magazine」を作り続けることなのである。

最後になるが、「The Magazine 003」は毎度のことながら暑苦しい。暑苦しい文字、しみったれた文字が並ぶ。文章のみならず、写真もデザインもオガワが手掛けているので、手作り感も半端ない。見苦しい点も多々あるとは思うが、少しでもブラザーとワクワクを共有できれば幸いである。

数に限りはあるが、興味を持ってくれたブラザーはぜひ。よろしくお願いします。

価格1000円(税抜)。

上記価格は送料込み。「スマートレター」での発送、郵便受けへのお届けとなります。ご入金確認から発送手配まで5日ほど掛かる場合があります。予めご了承ください。

ご購入はコチラから

<メール受信に関して>
主に携帯キャリアメール(docomoやezweb、softbankなど)において、オーダー時の自動送信メールは届いているにも関わらず、その後の手動メールが届かない事例が多くなっております。オーダー確認後、1〜2日以内には必ず手動メールをお送りしておりますので、オーダー手続きから3日以上経過してもメールが届かない場合には、大変お手数ですが(shop@ogbros.jp)までご連絡頂けますようお願いいたします。

Gmailアドレスやyahooアドレスなどにおいても、迷惑メールフォルダや別フォルダに振り分けられることが多くなっておりますので、お問い合わせ前に今一度ご確認くださいますようお願いいたします。