「OG-2」オーダー開始。

「OG-2」「OG-5」Leather JKT

「研ぎ澄まされた日本刀」のような相棒。

素上げで仕上げた馬革のダイレクトな表情を堪能するため、シンプルを貫いた「OG-2」。2018年に発表し、多くのレザー愛好家に支持された「OG-1」の後継モデルだ。

レポート最終回は、あらためて仕様詳細、ディテールを解説する。

本ページの下端に「O.G.BROS.SHOP」へのリンクボタンがあるので、そちらからオーダーして頂ければ、幸いである。

Detail of OG-2

<スタイル>
シンプルを極めたシングルライダースJKT。私のように革の魅力に憑かれた者は、デスクワーク時もレザーJKTに袖を通す。ライダースの定番ディテールである「袖ジッパー」は、デスクワークの妨げになる。よって装備していない。

<バックヨーク>
前作「OG-1」からのデザイン的変更点はバックヨークのみ。「OG-1」(写真下)ではアールを描いていたが、「OG-2」(写真上)では直線に変更している。

<バックビュー>
フロントと同様、シンプルを貫く。私はクルマを運転する時もレザーJKTを脱ぐことはない。レザーJKTにありがちな腰元のアジャストベルトは、バックルで車のシートを傷つけることがある。よって無用。何よりも……使わない装備は要らない

<シワを前身頃と袖に配置>
レザーJKTの醍醐味は「皺」にある。よって「OG-1」の時と同じく、馬革の「皺」「シボ」の多い部位を、「前身頃」「袖」に配置する。

「OG-2」で使うフルベジタブルタンニン鞣しの馬革は、「シワ加工」を一切施さない、革本来の表情をダイレクトに楽しめる「素上げ」だ。最初はおとなしい表情でも、次第に荒々しい皺が浮いてくる。「羊の皮を被った狼」のような馬革だ。

とはいうものの……写真の「OG-2」のシボは少ない。これには理由がある。実は試験的に鞣した今季のオリジナルの馬革が、サンプル二着(OG-2とOG-5)を製作するギリギリの枚数だったため、シボを効率良く取り入れることができなかった。実際のプロダクトでは、程度の差はあるがしっかりとシボを入れる予定だ。

上写真は、前モデル「OG-1」の着用サンプル。今回リリースする「OG-2」と同じ、素上げの馬革だ。愛着を持って着込むことで、この馬革は必ず期待に応えてくれる。

<ジッパー>
定番のユニバーサルジッパー。ゴールドの引手とエレメント(レール)は、使い込むほどに、渋く色褪せる。「OG-1」では「右挿し」を採用したが、「OG-2」ではアメリカの衣料に多用される「左挿し」に変更する。

<ネームラベル>
襟元には「Original Garment Brothers」の織りネームを縫い付けている。デザインは、フライトJKT「A-2」をイメージしている。

<革の職人集団>
「Original Garment Brothers」のレザーJKTは、日本を代表するレザーファクトリー「Y’2 LEATHER」(ワイツーレザー)と共に作り上げる。左内胸に縫い付けられたワイツーレザーのラベルは「高品質」の証。

「OG-2」は前身頃の皺を存分に楽しんで欲しい。身頃に厚みが増す内ポケットは潔く省略する。

馬革の個体差に関して
上の写真は、同じタイミングでリリースする「OG-5」だ。使う馬革は「OG-2」とまったく同じ。見ての通り、前身頃にはたっぷりとシボが入っている。

裁断師は可能な限り、シボの多い部分を前身頃と袖にレイアウトするが、天然皮革である以上、「シボの多い革」「シボが少ない革」がどうしても発生してしまう。そこをご理解のうえ、オーダして頂ければ幸いだ。よって……

「皺が多過ぎる」「皺が少ない」といったクレームは、ご遠慮頂きたい。

一方、元々のシボの多少に関わらず、厚めに鞣した馬革を1.3ミリに漉いているため、全体的に皺が浮きやすい革質になっている気がする。このページのサンプル「OG-2」は完成が8月下旬だったため、1週間ほどしか着用できていないが、みるみるシワが浮いてくる様を肌で感じている。

サイズに関して

■肩幅:左右の肩(頂点)の直線距離
■着丈:背中の中央。襟の取付位置から裾の下端までの直線距離
■バスト:胸回りをぐるりと1周した寸法
■袖丈:肩の頂点から袖(カフス)の先端までの曲線距離

「OG-2」は「OG-1」の型紙を使っているため、サイズ感やフィット感はまったく同じだ。この「O.G.BROS.WEB」に新たに設置したコンテンツ「VOICE」に、すでに「OG-1」を愛用してくれているブラザーたちから寄せられた貴重な「生の声」を掲載している。ぜひ、「OG-2」のサイズ選びの参考にして頂きたい。

「BROS VOICE OG-1」はこちら

私からの意見として……、「Original Garment Brothers」が企画するジャケットは、インナーにTシャツ1枚、ロンT1枚を前提としてサイズ設定している。シャツなら薄手だ。

痩せ型〜普通体型の方であれば大丈夫だと思うが、私のようなメタボ体型、もしくはマッチョ体型の方が、インナーに肉厚なスウェットやパーカー、ヘビーネルを着用したい場合には、ワンサイズ上げた方が良い場合もある。

バイクウエアとして着る場合も注意が必要だ。綺麗なシルエットを実現するため、肩幅はやや狭く、アームホールはやや小さく設定している。アクションプリーツも省いている。

そのため、前傾のライディング姿勢を取りにくいこともある。袖丈もタウンユースでベストな長さに設定しているので、バイカーには少々短いかもしれない。バイクユースの際も、ワンサイズ上げた方がいいかもしれない。

<価格>
12万5000円(税抜)。

2018年に発表した「OG-1」の価格を継承する。大量生産できない素上げの馬革。「割り」という一手間で確実に厚みを揃えた「安定感」と「安心感」。シボの多い部位を前身頃や袖に使う特別な裁断。国内最高峰の技と経験を持つ「Y’2 LEATHER」による仕立て。12万5000円(税抜)。自信を持ってオススメできるプロダクトである。

※お支払いは「全額」または「一部入金」となります。詳しくは下記の<ご確認・ご注意>をご覧ください。

<オーダー締切>
2019年10月末頃

<納期>
2020年2月からオーダー順にてデリバリー。

オーダーを受け、生産数が確定してから、頑固一徹の親父が昔ながらの製法で馬革を鞣す。そのため、2020年2月頃からオーダー順にてデリバリーとさせて頂きたい。手元に届くまでお時間を頂戴するが、5月近くまでをレザーJKTの着用シーズンと考えれば、まだまだ今季も楽しめるはずだ。

※オーダーが想定数以上に達した場合、順次、納期は後ろ倒しになります。その際は、当ページ、ならびに「O.G.BROS.SHOP」の商品ページに記載いたします。

Message from O.G.BROS.

オーダーからデリバリーまで、首を長くして数か月もお待ち頂くブラザーに対し、「待っている間も楽しんでもらう」ためには、何をすれば良いか。常に考え続けてきた。

私なりに導き出した答え。「雑誌」を作り、無料でお届けする。
(下写真はイメージ)

「Original Garment Brothers」のプロダクトだけを掲載する雑誌ではない。むしろ、そのようなページは少なくていい。誌面の主役は、様々な業界で見つけた、ブラザーたちの物欲を強烈に刺激する「モノ」「ヒト」「コト」だ。サイズは「B5版」あたりを予定している。

知らない人もいるかもしれないが、私は20年以上、雑誌作りに携わってきた編集者だ。出版社に勤務していた頃は、雑誌を作るにも「広告」が付きまとい、「書きたいこと」「言いたいこと」が叶わないことが多々あった。だが、今は違う。自由に雑誌が作れる。ぶっ飛んだ一冊が作れる。

「OG-2」そして「OG-5」をオーダーしてくれたブラザーには、12月頃(変更の可能性あり)に「O.G.BROS.MAGAZINE」をお届けする予定だ。

ワイツーレザーの職人たちと共に、今までのレザーJKTの常識の脇を超えて作り上げた「OG-2」に、袖を通して頂きたい。

ご購入は「O.G.BROS.SHOP」にて。

O.G.BROS.SHOP

※「OG-2(全額支払い)」「OG-2(一部入金)」をお選びください。

<ご確認・ご注意>
※後日、「予約確認書」を郵送にて送付いたします。
※予約注文時に商品代金の全額(別途送料がかかります)、もしくは一部前金として3万円(税抜)のお支払いをお願いします。
※一部前金として3万円(税抜)をお支払い頂いた場合は、ジャケット完成時に残金9万5000円(税抜)+送料をお支払い頂きます。
※決済時の消費税率に準じます。(一部前金による予約の場合、残金・送料は、消費税率10%となります)
※銀行振込によるご入金は、オーダー受付時の消費税率に準じます。
※このジャケットは完全受注生産です。予約のキャンセルはできません。商品代金、前金の返金はできませんのでご注意ください。
※納期は2020年2月予定。生産状況に応じて前後する場合があります。
※シワの量や場所には、ジャケットにより個体差がありますのでご了承ください。
※シワの量や場所に関するお問い合わせやクレームは一切お受けできません。
※天然素材の風合いを楽しむため、素上げで仕上げた馬革です。天然の「傷」「血筋」「トラ目」などは味わいのひとつと考えております。ご理解の上、ご購入ください。
※サイズチャートの寸法には誤差が生じる場合があります。
※写真は実際の商品の色味と異なる場合があります。