「OG-4」第二期オーダー、開始。

「OG-4」Denim JKT

11月上旬にデリバリー予定。

今年4月に受注を開始し、多くのオーダーを頂戴したデニムJKT「OG-4」。確保していたデニム生地の生産可能数に達したため、5月中旬をもってオーダー受付を一時中断していた。

嬉しいことに、その後も多くの方々から「オーダー再開」を希望する声を頂いていたこともあり、この度、第二期オーダーを開始することとなった。納期は11月上旬。デニムJKTのベストシーズンに楽しめるようにお届けする予定だ。

「Original Garment Brothers」は、大切なブラザーたちと共に、プロダクトを作り、楽しんで行くことを信条としている。第二期オーダーにあたり、初回生産の「OG-4」をブラッシュアップし、より多くの方々に満足して頂けるプロダクトに仕上げたいと思った。

そこで、初回生産の「OG-4」を手にしてくれたブラザーたちの協力を仰いだ。具体的にはブラザー限定のメルマガ「O.G.BROS.NEWS」にてアンケートを行い、「詳細な体型データ」「着用感&感想」「他ブランドのサイズ」などを答えてもらった。

「OG-4」の第二期オーダーは、ブラザーたちの「生の声」無くして実現は不可能。この場を借りて、あらためてお礼を申し上げたい。ありがとうございました。

サイズ選びに役立つ「Bros Voice」。

「Original Garment Brothers」は実店舗や取扱店を持たない。私のインスタ(@hi.ogawa)でプロジェクトの進行状況を紹介し、「O.G.BROS.WEB」にて詳細をレポート、「O.G.BROS.SHOP」にて購入手続という流れになる。ネットでの販売のみ。当然、現物を見ることはできない。

そのため「サイズ選びの不安」が伴うことも事実だ。その不安を解消するために、自分は何をすべきか、何ができるか。そのひとつの答えが、プロダクトを手にしたブラザーたちの、嘘偽りのない「生の声」だった。

「満足」「不満」「要望」すべてが貴重な声。

プロダクトに対する満足感の声もあれば、要望や不満の声もある。それらを包み隠さず公開することが、アンケートに協力してくれたブラザーに対する感謝の気持ちであり、ブラザーと共にプロダクトを作り上げるということになる。

なによりも「Original Garment Brothers」のプロダクトを、さらに魅力的なものにしてくれる「源」であり「貴重な財産」でもある。

この「O.G.BROS.WEB」に設けた新しいコンテンツ「VOICE」に、ブラザーたちから寄せられ貴重な「生の声」を掲載している。ぜひ、「OG-4」のサイズ選びの参考にして頂きたい。

「BROS VOICE OG-4」はこちら

「声」を反映した「OG-4」の変更点。

第二期オーダーによって生産される「OG-4」は、ブラザーたちの「生の声」を元に、サイズ感、着用感、一部の仕様変更を行うことにしている。

胴回りを少し詰める
アンケートの結果、意外と多かったのが「胴回りに少しゆとりがある」というコメント。もちろん、体型によっては「胴回りがきつい」という声もあったが、多かったのは「胴回りのゆとり」の指摘。ならば、少し詰めよう。とはいえ「Original Garment Brothers」は、40〜50歳代の少しお腹が出てきたオヤジでも似合う一着を目指している。そのため大幅に身幅を詰めることはしない。具体的には胴回りで2センチのマイナス。サイズチャートの「身幅」では1センチのマイナスとする。

肩周りのタイト感を少しだけ解消
「肩周りが窮屈」という声も多く頂戴した。これについては補足も必要だ。ブラザーたちに初回生産分の「OG-4」が届いたのは6月上旬頃。夏場を考えると、約1か月ほどの着用期間と思われる。確かに、最初は肩周りがかなり窮屈に感じるだろう。私もサンプルに初めて袖を通した時は、腕組みもできないほどパツパツ。だが、デニム生地は意外なほど伸びる。1年、2年と着用を重ねるうちに、デニム生地が伸び、違和感の無い、程良いフィット感を体感できるだろう。とは言え、今後「OG-4」に袖を通してくれる方々の不安を少しでも解消したい。そこで、肩幅はそのままに「袖山」を少し下げることにした。これにより、腕の可動域が広くなり、窮屈感は少し解消されるる。

オリジナルボタンの装着
初回生産分の「OG-4」には、定番の「月桂樹」ドーナツボタン、通称「ワンスター」を取り付けた。ヴィンテージを復刻した秀逸デザインで、様々なブランドが使用する定番ボタンだ。一方で、レザーJKT「OG-5」や冬用JKT「OG-7」のプロジェクトに合わせ、「YKK」でオリジナルのドーナツボタンをオーダーしていた。そのボタンが先日、完成。第二期生産の「OG-4」にも、完成したばかりのオリジナルボタンを装着する。

コーデュロイ生地の変更
「OG-4」の個性を演出している襟のコーデュロイ。生地調達の都合上、変更となる。とは言え、初期生産の「OG-4」を所有しているブラザーでも、言われなければ気が付かないほどの軽微な変更。黄金色の太畝、貴重な肉厚のコーデュロイであることに変わりはない。
(上写真左:初回生産/右:第二期生産)

サイズ44の設定
前回オーダーの際、「サイズ44の展開はないのか」という声を多く頂戴した。サイズ44の設定がなく、入手を断念した人も多く、非常に申し訳ない気持ちでいっぱいになった。そこで第二期オーダー分からは、サイズ44も設定。前回断念した方々には、ぜひご検討頂きたい。

以上が、初回生産「OG-4」から第二期生産「OG-4」の変更箇所となる。

なお、プロジェクト発足時に複数の生地を検証し、ようやく辿り着いた「着心地」と「色落ちの良さ」を併せ持つ、14.5オンスのセルビッチデニムに変更は無い。

重要。「OG-4」のサイズ感に関して。

「Original Garment Brothers」のプロダクトは、基本的に「オヤジに似合う程良いタイト感」をテーマのひとつとして企画している。

私自身「ジャケットはTシャツ1枚の上に羽織る」スタイルが一番かっこいいと思っているため、基本的にインナーは「Tシャツ1枚」「ロンT1枚」の着用を前提としたサイズ感に設定している。シャツを着るとしても「薄手」。それはデニムJKTだけでなく、レザーJKTにも共通するサイズ感だ。

デニムJKTの色落ちも、レザーJKTの皺も、タイトなほど顕著に現れる。極上のエイジングを手に入れたい理由からも、オガワはインナーに「Tシャツ1枚」がベーシックなのだ。

よって、厚手のスウェットやパーカー、ヘビーネルをインナーに着用する場合は、肩周りやアームホールがかなりタイトになることもある。個人的には「伸び」と「慣れ」によって克服するが、スウェット&パーカーの着用が前提で、窮屈感を嫌う人は、ワンサイズ上を選んだ方がいい場合もある。

バイクに乗るブラザーに愛用してもらうことも増えてきた。非常に嬉しいが、ご留意頂きたいこともある。「Original Garment Brothers」のプロダクトはバイカー専用の設計ではない。袖丈は一般的もしくは少し短め。背中にアクションプリーツは設けていない。アームホールも少し狭い。つまり、前傾姿勢のライディング時には、多少窮屈なスタイルになる恐れがある。その場合もまた、ワンサイズ上を選んだ方がいいかもしれない。

前述の通り、アンケートによる「生の声」をまとめた新コンテンツ「VOICE」は非常に役立つ情報だと思っている。サイズ選びに迷った際はぜひ参考にしてもらいたい。

仕様変更後の「OG-4」サイズチャート。

下記のサイズチャートは、初回生産の「OG-4」をランダムに数枚選び、実際の寸法を計った平均値となります。

※上記は初回生産の「OG-4」をランダムに数枚選び、実際の寸法を計った平均値となります。
※上記はワンウォッシュ後の数値です。
※上記は前ボタンを閉じ、床に平置きした状態で計測しています。
※個体差により数値には誤差が生じる場合があります。

■肩幅:左右の肩(頂点)の直線距離
■着丈:背中の中央。襟の取付位置から裾の下端までの直線距離
■身幅:左右の脇下の直線距離
■袖丈:肩の頂点から袖(カフス)の先端までの曲線距離

価格は2万3000円(税抜)。

価格は前回と同じく、2万3000円(税抜)に設定。デニムの聖地、岡山児島でもトップクラスの縫製技術を持つ「アパレルナンバ」による仕立て。旧式力織機で織り上げたセルビッチデニム。絶対的自信のある品質、そしてプライスだと信じている。

デリバリーは11月上旬。

第二期オーダーは、9月末で締め切る予定だ。その理由は、秋冬シーズンに「OG-4」に袖を通して欲しいから。生産を担当する「アパレルナンバ」の生産ライン、職人は既に確保している。オーダー数が確定すれば、すぐに裁断、仕立てに取り掛かれる段取りだ。

実際は10月末の仕上がりを目指しているが、検品や梱包、発送を考え、この場では「11月上旬のデリバリー予定」とさせて頂く。もちろん、早く仕上がった場合には、予定納期よりも早くお届けする。

万が一、オーダーが集中し、第二期生産分のために確保したデニム生地、コーデュロイ生地の生産可能枚数に達した場合は、9月末を待たずにオーダーをストップする可能性がある。何卒、ご了承頂きたい。

詳しいディテールは過去レポートを。

第二期オーダー生産分の「OG-4」における仕様変更点は上記の通りだ。それ以外のディテール、縫製仕様などは初回生産分と同仕様となる。過去の記事にて詳しくレポートしているので、そちらをご覧頂きたい。

Message from O.G.BROS.

「OG-4」第二期オーダーに合わせ、貴重な声を寄せてくれたブラザーたち。パターンの絶妙な調整を行ってくれた百戦錬磨のパタンナー。生産ラインを確保し、最高の技でジャケットに仕立ててくれる「アパレルナンバ」の難波社長以下、職人たち。

「OG-4」には、アメリカンカジュアルを愛する多くの仲間たちの情熱が込められている。ぜひ、この一着を手にして頂き、今後、我々のブラザーとしてエキサイティングな時間を共有できればと思っている。

ご購入は「O.G.BROS.SHOP」にて。

O.G.BROS.SHOP

 

<ご確認・ご注意>
※生産状況により、納期が前後する場合があります。
※注文を受けてから生産するため、商品の欠陥を除き、注文のキャンセル、返品、返金、交換はできませんのでご注意ください。
※デニム製品はウォッシュや乾燥時の環境によって縮率が異なる場合があります。サイズチャートの数値は参考値です。実際の製品と誤差がある場合があります。
※業務用乾燥機で高温乾燥しているため、お届け時には上記数値より縮んでいる場合があります。着用しているうちに生地は若干伸びます。
※ワンウォッシュ加工により、縫製箇所から余分な糸が出る場合があります。
※防縮加工を施していない旧式力織機で織ったデニム生地を使用しているため、洗濯により捻れが生じます。味わいをとしてお楽しみください。
※デニム生地とコーデュロイ生地は縮率が異なります。洗濯や乾燥によって、襟に歪みやたるみが生じる場合があります。
※炎天下の車内や火の近くなど、高温になる場所での保管や着用により、ボタンやリベットが熱くなることがあります。くれぐれも火傷にご注意ください。
※肌や体に異変を感じた場合はすぐに着用を中止し、医師にご相談ください。
※デニム生地の特性上、移染します。他の衣類や物に接する場合は、ご注意ください。※洗濯は単品で行ってください。
※色移りなど、当製品における他製品への、汚損、破損、欠損、損害など、いかなる場合でも責任を負い兼ねますので、取り扱いには十分ご注意ください。
※写真は実際の商品の色味と異なる場合があります。